海乃美月の父親が松原勝久?本名と実家と年齢は?失敗って?トップの噂は

こんにちは!

海乃美月さんは、ダンスと歌が上手くて、娘役でもかっこいいタカラジェンヌの方ですよね。そんな海乃美月さんのお父さんは松原勝久さんというのは本当でしょうか。

気になる、本名や実家、年齢について。失敗したとは一体何を失敗したのか。またトップになることができるのかについても深堀りしてみたいと思います。

海乃美月の父親が松原勝久?

 

海乃美月さんの父親は松原勝久さんだそうですが、それは本当なのでしょうか。

松原勝久 (まつばらかつひさ)
経営セミナー、人づくり町づくり、国内臓器移植啓発、教育、子育て、災害ボランティア・・・・など多方面において講演活動を行っている 。
市内主要25団体で構成する「氷見市の環境を良くする会会長」を8年間務めつつ、昨年より富山県青少年育成指導員氷見市連会長にも就任し青少年育成の活動にも力を入れている。

海乃美月さんの父親は、松原勝久さんという方で、氷見市で色々な分野で活躍されている方のようですね。

地元である氷見市で活躍されているようです。中々凄い方がお父さんのようですね。

海乃美月の本名と実家・年齢は?

宝塚ファンとしては、あまりタカラジェンヌのプライベートの情報を公にすべきではないのかも知れませんが、隠されると気になるのが人間というものですからね。少し情報をまとめてみたいと思います。

海乃美月さんの本名については、松原会里さんといいます。
ご実家については詳しくはわかりませんでしたが、レストランを経営されているようです。出身地は富山県氷見市のようです。
きちんとした年齢はわかりませんでしたが20代後半くらいのようです。

本名についてはお父さんが判明していますので、同じ松原という苗字ですよね。下のお名前については会里とかいて、えりさんという名前のようですね。

海乃美月の芸名の由来と「くらげ」とは?

ちなみに芸名である、海乃美月さんという名前の由来については?

多くの方からのお知恵、故郷の海と月が美しい事、実家の近くの夜の海に映る月が美しい事からきている。名付け親は家族や恩ある方々

芸名にはこのような由来があるようですね。

愛称として、うみ、やくらげなんて呼び名もあるようで、くらげに関しては、美月という芸名を、「海月」と呼び間違えられたことからのようです。

海乃美月の失敗の噂は歌?衣装?

海乃美月さんと検索すると、失敗というワードがでてくるようですがどういうことなのでしょうか。

調べてみましたが、残念ながら何を失敗されてかなどについては詳しくはわかりませんでした。恐らく宝塚での公演中に何か失敗されてしまってそこから失敗というワードが検索されているのかなと思います。

スポンサーリンク

宝塚ではやはり生のステージですので、失敗されてしまう人もいます。
多いのは、台詞をかんでしまったり台詞を忘れてしまったりすることです。また、歌の歌詞やダンスの振りを間違えてしまうこともあります。
そして衣装のトラブルも多いようです。背負っている羽根がおかしかったようで、ダンスナンバーの途中で袖に引っ込み羽根を置いてきた生徒さんもいらっしゃいました。
ほかにも早着替えが間に合わず、ボタン留めながら出てきたりなど限りなくあります。

やはり、生のステージでは失敗してしまったりすることはよくあるようですね。しかし、そういったものも含めて宝塚の魅力の一つでもあると私は思います。

これは海乃さんに限らずよくある話のようです。

人間ですので間違えてしまうこともありますし、何かトラブルが起こってしまうこともありますよね。

歌の歌詞や台詞を忘れてしまったり噛んでしまうこともあるようですが、それは周りの方がフォローしてくれたりするそうです。ただ大事な場面でかんだりしてしまうと、やはり見ている側のテンションは少し下がってしまいますよね。長く見ていればいるほどそういった場面にも出くわすことがあるようですが、それもまた生で見る醍醐味なのかなと思います。

海乃美月は退団までにトップになれるのか

そんな海乃美月さんですが、娘役トップになることはできるのでしょうか。

宝塚ジェンヌと言えば、やはり退団までにトップスターやトップ娘役になるというのが夢なのではないでしょうか。もちろんトップになれば、それ相応の重圧もあるとは思いますが。

海乃美月さんはトップとして活躍できるのではと期待されていて、それは歌、芝居、ダンスどれもレベルが高いことにあります。まさになんでもできる娘役。

海乃美月さんは、月組で活躍されている娘役の方ですが、なんでもそつなくこなしてしまうまさに三拍子揃った海乃さん。

なので期待されているファンの方も多いようです。

スポンサーリンク

「地味」の評価も実力があるからこそ

その一方でこんな声もあるようです。

なんでも上手すぎる実力の高さと、大人びた持ち味から「地味」と評するファンもいらっしゃいます。

なんでも出来てしまうのはすごいことなのではと思いますが、それが地味だ何て言われていることもあるようですね。

しかし、輝かしいヒロインには、その陰の部分としてアンチが多いのも事実だと思います。光があれば影もあるということですよね。

ですが、ヒロイン経験を重ねることで、舞台慣れもしてくるでしょうし、安定したパフォーマンスを魅せることが出来るということですよね。

大きな注目を集める今後のトップ娘役事情。海乃美月さんは今一番トップ娘役に近い立場の娘役といえるのかもしれません。その安定した実力は、月組にはなくてはならない戦力です。

やはり色々賛否両論はあると思いますが、今最もトップ娘役に近い存在として一目置かれている存在であるのには変わらないようですね。

今後退団するまでにトップ娘役がどうなっていくのか楽しみですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.