樹木希林の自宅の間取りと画像!住所が渋谷区代官山か南平台?目黒区青葉台か

こんにちは!

今回は、先日惜しまれつつも他界されたばかりの名女優、樹木希林さんについて、お届けしたいと思います。

樹木希林の自宅の住所はどこ?マンション・一戸建て?


1961年から女優として活動をしており、1964年に放送された『七人の孫』で人気となった樹木希林さん。
女優として長期に渡り、活躍されてた樹木希林さんですが、他界されてからは、いつくものスペシャル番組が組まれ、裏表のないその人柄が多くの人に愛されて来たことを知りました。

自宅はマンションなのでしょうか。一戸建てなのでしょうか。自宅の画像について調べてみたところこんな画像を見つけました。


そんな、樹木希林さんの自宅の住所が渋谷なのでは?と噂されているようです。マンションではなく、一戸建てのようですね。

樹木希林さんのご自宅の詳細について、調べてみました。

スポンサーリンク

樹木希林の住所は渋谷区代官山か南平台?

樹木希林さんの自宅が、渋谷にあるのではないか?といった噂が、前々からあるそうですが、実際に調べてみると、渋谷区に住んでいるというのは、単なる噂やイメージだったようで、実際には渋谷区ではないということが分かりました。

樹木希林さんの自宅は渋谷の代官山にあるのではといわれていたのですが実際は目黒区の青葉台にあるみたいです。

高級住宅地にあるというイメージから渋谷区の代官山だという噂が流れ始めたそうです。

樹木希林さんのような芸能人の方の家があると言われると高級住宅街をイメージしてしまう気持ちはよくわかります。

渋谷区代官山・南平台?富ヶ谷?なんて情報も交錯しているようですが、そもそもが渋谷区ではないようですね。では家の場所はどこなのでしょうか。

樹木希林の自宅住所は「目黒区青葉台」なのか

樹木希林さんの自宅住所は、目黒区の青葉台近くの高級住宅街だそうです。このことは、2016年5月20日放送、『ぴったんこかんかん』に自宅から半径500mの旅!という企画で、目黒区青葉台でのロケをしているので、間違いないようです。

樹木希林の新居の場所が渋谷区富ヶ谷?

自宅の坪数は全体で120坪で、建物は45坪。庭はとても広いようです。

また、樹木希林さんの夫である内田裕也さんが、火曜サプライズで「大物ロック歌手の自宅豪邸がテレビ初公開!」というタイトルで新しい自宅が紹介されていたそうで、場所が東京渋谷の富ヶ谷では?という噂があったようです。



こちらが、番組の様子です。
火曜サプライズに樹木希林さんも一緒に登場したんだとか。。

お二人はずっと別居でしたが、仲が悪いと言う訳では、なかったですもんね。

樹木希林の家賃収入とレストラン経営の噂

また、樹木希林さんの自宅について、実は自宅がレストランという話まであったそうです。

樹木希林さんが常連としてよく訪れているレストランが、東京都の港区西麻布にあるそうです。
そこには『エピスカネコ』というフレンチレストランがあり、金子和男シェフの心のこもった料理がいただけるということで人気なのだとか。

また、屋上では金子シェフ自らが野菜を栽培しており、それを使った料理というのが彼女のお気に入りだといわれています。
さて、そんなレストランを経営している建物ですが、なんと樹木希林さんの元自宅だったそうです。
金子シェフがレストランとなる物件を探していたときに、たまたま希林さんが引っ越しをしている最中だったといわれています。

一説によると、樹木希林さんは不動産業にたいへん詳しい方という事で、知人にアドバイスをしたり自身で売買もするようです。また相当な額の家賃収入があったことでも有名ですね。

確か樹木希林さんのお母様は不動産関係のお仕事に就かれていたようですから、樹木希林さんの家賃収入も母親からの影響なのかも知れませんね。

樹木希林の昔の住所が東京都港区西麻布

確か、ぴったんこカンカンの番組内でも、安住紳一郎さんが自宅についての相談に乗って欲しいと話していましたよね。

金子シェフがレストランの物件探しをしている時に、知人だった樹木希林さんが相談に乗り、自分の自宅をレストランすればいいと提案をしたそうで、その結果『エピスカネコ』が誕生したそうです。

内装は、樹木さんが住んでいたときと一切変えていないようで、調理をする設備以外は樹木さんが住んでいたままの状態にしてあるようです。
気になるお店の場所ですが、東京都港区西麻布3-23-14にあり、樹木さんが以前、西麻布に住んでいたことがこれで分かりました。

スポンサーリンク


もし、樹木希林さんの自宅を見てみたい方は、こちらのレストランでお食事されてみてはいかがでしょうか?

樹木希林の自宅間取り!公開はぴったんこカンカン

樹木さんは2011年の初出演から複数回、同番組にゲスト出演しています。2018年5月4日の『ぴったんこカンカン』では、樹木希林さんの自宅が放送され話題になりました。

樹木希林の家は二世帯住宅

樹木さんの自宅住所は、世田谷区だとか目黒区だとか様々な情報が流れていますが、『ぴったんこカンカン』の番組内で二世帯住宅という事を公表されていますね。

また、先日9月21日に放送された「ぴったんこカン・カン」では、9月15日に他界された、樹木希林さんをしのぶ緊急3時間SPを放送しました。

番組には2011年から、6回にも渡って出演されており、安住紳一郎さんとの歯に絹着せぬ率直なトークが人気だったようですね。

樹木希林の家の外装が刑務所みたい・・・?!

追悼番組では、樹木さんの名場面をダイジェストで紹介し、最後の出演となった2018年5月回の貴重な未公開部分がオンエアされました。

樹木希林さんの自宅の外観はコンクリート打ちっぱなしの高い壁で囲われているそうです。

以前、樹木希林さんの自宅を訪れたことがあるТBSアナウンサーの安住紳一郎さんは府中刑務所みたいだと言っていました。
芸能人の自宅にはよくあることなのですが高い壁を建てることによってプライバシーを守っているそうです。

外観とは内観はすごく違うみたいです。門をくぐって中に入ってみると旅館のような内観が広がっているみたいです。
室内の様子はフィンランドの白夜ような木漏れ日だと以前、樹木希林さんが語っていました。

樹木希林さんは家の扉にもこだわっていたようでアンティークショップでイタリアで使われていた扉を購入したそうです。
その他にも室内は白色光を使わず大きな窓から光を取り入れるようにしたりあたたかい色合いの電球を使用しているみたいです。


窓を大きくして、自然光を多く取り入れた自宅って素敵ですね。

番組内で、樹木さんのベッド脇に飾られた1枚の額に、舞台・騎馬スペクタクル「Zingaro(ジンガロ)」のパンフレットに寄せた樹木さんの言葉が書かれており、樹木さんは「役者にとって必要なことだなと思ってね“虚飾なく、観客に媚びず、威張らず、心をこめて歩き続ける”」と、自分に言い聞かせるようにしみじみ語られたそうです。

この言葉に対し、安住アナが「最終的には虚飾のない美をもってトータルの答えとしたいってことですね」と返したそう。


演技だけでなく、樹木さんの生き方、住まれていた家全てにそれが表れていたように思います。

樹木希林の家の設計と建築家は誰?

樹木希林さんの自宅が、目黒区青葉台というのはわかりましたが、樹木希林さんの自宅内部もかなりオシャレなものでした。

実は、樹木希林さんのこだわりがたくさん詰まった自宅は有名な建築家が設計したのではないかといわれています。
建築家について調べてみると、自宅は黒川哲郎さんという有名な建築家が設計したんだとか。

上の画像は、黒川哲郎氏がデザインした交番だそうです。
建築家だけでなく、元東京藝術大学美術学部名誉教授もされていましたが、2013年に亡くなられています。

樹木希林の自宅の家具がスタイリッシュ

樹木希林さんの自宅室内はコンクリートの打ちっぱなしのスタイリッシュなデザインでした。
無駄を好まない樹木さんらしい内装ですよね。



そこに、和風なデザインを取り入れているので無機質な仕上がりにはならず、アンティークな家具を置くことにより、和風と洋風がうまくマッチしていました。

樹木希林さんの娘婿は俳優の本木雅弘さんですが、その娘夫婦の自宅をリフォームし、現在は二世帯住宅だそうです。
一階が樹木希林さんの自宅で、その上には娘さんの家族の住居スペースになっているようで、お互いの住居にはエレベーターでつながっているようです。
このリフォームをする頃には、すでに別居を解消し内田裕也さんとも同居していたそうです。


樹木希林さんといえば、である内田裕也さんと長年別居をしているのは有名なため、樹木希林さんの一人暮らしと思っていましたが、娘さん夫婦との2世帯暮らしだったんですね。

内田裕也さんともご一緒で、満たされた生活をされていたのかもしれませんね。

いかがでしたか?

今回は、女優の樹木希林さんについてお届けしました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.