坂口憲二の現在2018の目撃は嫁とサーフィン?画像は?仕事と医師免許?病名は

坂口憲二さんといえば、かつてドラマなどで活躍されていた俳優さんですよね。現在は病気で芸能活動はされていません。そんな坂口憲二さんは現在どうされているのでしょうか。

目撃情報などはあるのでしょうか。

また現在の仕事や、医師免許を持っているという噂は本当なのか、そして坂口さんの病名や奥さんについても調べてみたいと思います。

坂口憲二は今何してる?現在2017~2018の目撃情報

坂口憲二さんは現在はどうされているのでしょうか。ファンからも今何してる?と心配の声が挙がっているようですね。

オフィシャルサイトでは、2017年以降の活動についての記載はありませんでした。
最後にお仕事をされたのは、2017年TBS系「君とボクの聖地巡礼~神秘の奈良・国宝美仏めぐり~」というもので、こちらはナレーションのみを担当されたようです。この活動以外の情報を取得することは出来ませんでした。

このように、ナレーションなどのお仕事はされていたようですが、現在は芸能活動は休止状態のため、テレビなどではみることはありませんね。早く元気になった姿がみたいですよね。

坂口憲二の現在画像がサーフィンなのか

坂口憲二さんはサーフィンが趣味のようですね。

坂口憲二さんといえば、サーフィンをされていたことでも有名ですが、現在は病気療養中のため、サーフィンなどでの目撃情報もないようです。

さすがに現在は病気なのでサーフィンもされていないようです。

ですのでこれといった目撃情報もないようですね。19歳のときにハワイ留学をされてから、サーフィンにはまったそうです。大好きなサーフィンも今は出来る状態ではないということですね。

坂口憲二の現在の姿は嫁とのツーショット画像

そんな坂口憲二さんを支える奥さんはどんな方なのでしょうか。

坂口憲二さんは、2014年3月に一般女性とのできちゃった結婚を発表しました。結婚相手の女性は、当時30代で飲食店を経営する美人だと言われています。身長は162cm、抜群のスタイルで清楚な魅力の美人。ヘアは黒髪ロングで和服の似合う大人の艶やかさを持つという。

坂口憲二さんの一目ぼれから交際が始まったようですので、きっととても美人な方なのでしょうね。

ちなみに坂口さんと奥さんの間には二児のお子さんがいらっしゃるようです。家族みなさんで病気を乗り越えていかれてるんでしょうね。

坂口憲二の現在の仕事が気になる!収入はどうしてる?

今は芸能活動は休止されている坂口憲二さんですが、お仕事はどうされているのでしょうか。

スポンサーリンク

調べてみると、坂口憲二さんは現状歩けるまで回復しているようです。しかしながら、突然症状が悪化して仕事に穴をあけるのが許せないようで、完治するまでは芸能関連の仕事は引き受けない覚悟を持っているようです。責任感が強いのでしょうね。

坂口憲二さんといえば、「医龍」というドラマのイメージがありますが、その続編のオファーを受けたようですが、それも断ってしまったそうです。

病状がいつ悪化するかわかりませんしね。悪化してしまうと迷惑をかけてしまうということからも、芸能活動はされていないということですね。では、現在は何か他にお仕事をされているのでしょうか。

半年前くらいから、コーヒーの焙煎のお仕事をされています。できた豆をサーフショップに届けにきて、そこで販売していますよ。そのお店は坂口さんと10年以上、付き合いのある男性が経営していて、地元では有名なところなんですよ。

新しいお仕事をされているようですね。九十九里でされているようです。

サーフィンは出来なくても、大好きな海のそばで仕事をしながら療養をされているということでしょうか。

坂口憲二の現在は医師免許を取得予定なのか?!

坂口憲二さんが現在は医師免許を持っているという噂があるようですがそれは本当なのでしょうか。本当に医師免許を持ってるとしたらすごいですが。本当に医龍じゃないですか!

坂口憲二さんの代表作ともいえるドラマ・医龍で医師役を演じ、それがあまりにもハマリ役であり、2014年から病気が理由で芸能活動を休止していたので、自分の病気を治すため、医師の免許をとったという噂が流れたようです。

こちらの噂に関しては、デマのようですが、ご自身の病気をなおすために、大学に入りなおしたのではないかという予想から発生したもののようです。すごい噂が飛び交っていますね。病気療養ではなく、医学部で勉強していたのではなんていわれたりしていたようです。

役柄のイメージってすごい影響があるんですね。

坂口憲二の現在の病名は難病「特発性大腿骨頭壊死症」

坂口憲二さんを襲った病気は一体どんな病名なのでしょうか。

坂口憲二さんを襲った病名は、「特発性大腿骨頭壊死症」という厚生労働省の特定疾患に指定されている難病だそうです。

太ももの付け根、股関節に組み込まれている、ボールのような形をした骨。その部分は、「大腿骨頭」と呼ばれている。なんらかの理由で大腿骨頭の周りに血が巡らなくなると、組織が「壊死」してしまう。

こちらの病気の原因は、血行が悪くなることで発生するようですが、そのきちんとした理由が特定されていないようです。組織が壊死してしまうなんて、怖い病気ですね。どのように治療していくのでしょうか。

治療は壊死した部分を、手術で切ったり、人工関節に置き換えたりする方法があります。ただ治療は長期間に及ぶこともあるそうです。

手術をすることで治療をするということのようですね。

手術をした場合その後は、きっとリハビリなどがあるでしょうから、長期間に及んで治療していかなければいけないということでしょうか。治療に時間がかかっても治されて元気な姿をみせてほしいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.