槇原敬之の自宅住所は?マンションが横浜?実家は電気屋?同棲相手は愛・ネコは | ページ 3 | 芸能人噂・経歴 恋愛事情 裏の顔.com

槇原敬之の自宅住所は?マンションが横浜?実家は電気屋?同棲相手は愛・ネコは

槇原敬之の「同棲愛・ネコ」の意味するもの

 

 

槇原敬之さんとマンションで同棲していた奥村秀一さん。槇原敬之さんが同性愛者であるのはもう有名な話ですね。

 

奥村秀一さんは一般人であるということから、詳細なプロフィールや画像などはほとんどありませんでした。
奥村秀一さんは槇原敬之さんよりも7歳年下で、以前は新宿二丁目のオカマバーで『金太郎』という名前で働いていたそうです。
そんな『金太郎』を槇原敬之さんが気に入り、恋人関係になったと言われています。

「奥村被告は過去に新宿2丁目のゲイバーで働いていたことがあります。それを槇原さんに見初められ、公私ともにパートナーとなったのです。99年に一緒に逮捕されたときは、同棲生活を送っていました」

 

スポンサーリンク

 

国民的シンガーソングライターが同性愛者で長らく二丁目に通っていた、かつ覚せい剤を使用していたということで、逮捕当時はかなり衝撃的でしたね。

 

こんなセンセーショナルな事件、今だったら連日マスコミが大騒ぎして某掲示板で祭り状態になってるくらい物凄いことですよね。

1999年に一緒に逮捕された際、「覚せい剤は1年前から使用していた、同棲相手に教えてもらった」と言っていましたので、少なくとも1998年には槇原敬之さんと奥村秀一さんは交際パートナー関係になっていたと考えられます。

 

かれこれ20年以上一緒にいたパートナーだったわけですが、奥村秀一さんはいわゆる「タチ」だったため、槇原敬之さんは「ネコ」だといわれているようです。

同性愛者同士で、男側が「タチ」、女側が「ネコ」と言われています。

この辺で槇原敬之さんの紹介は終わりです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました