YOSHIKIの自宅公開?場所は日本・東京かロス?ビバリーヒルズの住所は?

こんにちは!

今回は、あの伝説のロックバンドX JAPANのYOSHIKIさんについて、お届けしたいと思います。

YOSHIKI(X JAPAN)の自宅公開?画像は?

X JAPANはもともとはX(エックス)というバンド名でしたが、世界進出の際に同名のバンドがいたためX JAPANというバンド名に変更することになりました。

当時日本では長いバンド名が流行だったっため一文字のバンド名の方が目立つだろうというのがXというバンド名の由来だったようです。グループのリーダーを務めるYOSHIKIさんは、初めから大きな夢を持っていたんですね。

今回は、そんなYOSHIKIさんの自宅がどれだけすごいかに迫っていきたいと思います。

実は、YOSHIKIさんは、昨年12月4日放送の日本テレビ系「しゃべくり007 SP」(よる9時)に2009年4月以来8年ぶりの出演をされていました。そして、番組内でここ20年住み続けているというロスの自宅を公開してくれたようです。

ここ20数年はロスに住んでいるというYOSHIKIは、自宅のプールでたまに
泳ぐそう。しかし、今年行った首の手術の影響でクロールや平泳ぎは禁止され、シュノーケリングで泳いでいるため周りの人から不思議がられるエピソードを披露した。

YOSHIKIさんの姿を見ていると、芸能人って本当に夢を売る仕事なんだな、と思って
しまいます。

それは、彼の生活がすごいという事もありますが、その生活に見合う才能と努力があってのものなんですよね。

スポンサーリンク

YOSHIKIの自宅・ロスの場所と画像

            

テレビで紹介されたロスの自宅は、10億円もの投資をしてレコーディングスタジオと自宅を兼ねて作られたそうです。豪邸内は、モノトーンを基調とした落ち着いた色使いながら、とにかくゴージャスでした!!

資産家であるYOSHIKIはロサンジェルスに自己所有のスタジオも所有しています。なんとそのスタジオは10億円もの投資がされているかなり良いスタジオとのことでキングオブポップ、世界的有名歌手のマイケル・ジャクソンもレコーディングに訪れて友達になったんだとか。

まさかのマイケル・ジャクソンとお友達…Σ(゚Д゚)すごすぎますね。さすが、世界のyoshik
iさん。テレビで公開された自宅の敷地面積は300坪になるそうで、25mプール3.5個分の広さだそうです。

一人で住むには広すぎる自宅ですよね!!庭にはプールがあり、そちらのプールでよく泳ぐんだとか。まるで、映画の中のセレブそのものの生活ですね。

ちなみに、このロスの自宅というのは、ロスの中でも多くの芸能人が暮らすビバリーヒルズエリアにあるそうです。

YOSHIKIの自宅・ビバリーヒルズの住所

YOSHIKIさんは、ビバリーヒルズの高級住宅街に、敷地面積が推定300坪の豪華な自宅を所有しています。この土地だけでも、数十億の資産価値があると言われており、彼のスケールの大きさを感じさせます。

ビバリーヒルズのYOSHIKIさんの自宅を直撃した番組ではそのスタジオも紹介されていました。マイケル・ジャクソンだけではなく数々の有名人がレコーディングに使っているそうです。テレビ番組で自宅が公開されていますが、白と黒のモノトーンで統一された落ち着いた雰囲気の自宅ですね。
高級ホテルというか、お城というか。。自宅の中には、スタジオが3つあり、プールやジムもあるようですね。

スポンサーリンク

ちなみに、この豪邸内のプールははじめ、造りが気に入らなかったようで、YOSHIKIさんの気に入る形に作り変えたんだとか。。

いまもYOSHIKIさんはプールを使っているみたいですが、激しい泳ぎ方は首に悪いみたいで、お医者さんから色々、アドバイスを受けているみたいですね。。

YOSHIKIの家がもはやスタジオ

先ほどもご紹介したように、現在のYOSHIKIさんの現在のご自宅兼、スタジオはロスアンゼルスのビバリーヒルズエリアに存在しています。正式には、カリフォルニア州ロスアンゼルスカフエンガという場所。YOSHIKIさんのプライベート録音スタジオになっていて、スタジオの名前はエクスタシーレコーディングスタジオというそうです。

2015年8月31日放送の「関ジャニ完全燃SHOW」にYOSHIKIがゲスト出演した際にエクスタシー・レコーディング・スタジオの様子も紹介され、愛用のKAWAIクリスタルピアノ、特注のチタン製ドラムセットの他、スタジオ機材として高額なマイクプリアンプのラック十数台を所有していることなどが放映された。


エクスタシーレコーディングスタジオの所在地は..
3255 Cahuenga Blvd W, Los Angeles, CA 90068になります。

実は、このエクスタシーレコーディングスタジオを購入する前、YOSHIKIさんはX JAPANのアルバム『ART OF LIFE』のレコーディングで、ノースハリウッド・ランカーシム・ブールバードNoHoアート地区の録音スタジオ「ワン・オン・ワン・レコーディング」(One On One Recording) を借りて使用していたものの、当時メタリカやマドンナ、ボン・ジョヴィなどの有名アーティストに人気で予約が取りにくい上、スタジオ機材のレンタル料も嵩むことから、1993年にこのスタジオを購入したそうです。

確かに、YOSHIKIさんくらいの資産家なら、スタジオ借りるより買った方が割安なのかもしれませんね。2012年に17ハーツLLC社に売却し、このスタジオは現在は17ハーツスタジオという名のレンタル・スタジオになっているそうで、ここから今のビバリーヒルズにあるエクスタシーレコーディングスタジオに移ったようです。

YOSHIKIが日本(東京)のホテルに住むことになった理由

YOSHIKIさんは「Jealousy」のレコーディングでロスに滞在している間に都内に新居を建築していたそうです。1991年の頃でした。引っ越しを始めたYOSHIKIさんは荷物を運びこむ時に、街の人々と顔合わせています。

数日かけた引っ越しがようやく終わろうとした頃、YOSHIKIさんが家に近づけない事態が起こってしまったんだとか。。

せっかく引っ越した新築の家の周りに、ファンが100人以上も詰めかけていたのです。
集まってくるファンは日に日に多くなり、深夜になっても立ち去ろうとしなかったそうです。家の窓から人影が見えるだけで絶叫し、近所迷惑も甚だしく、パトカーで警察官が巡回に訪れるまでになりました。
「まるでコンサート会場みたい」とYOSHIKIは笑っていたそうですが、この家
に住むのはあきらめ、都心のホテルとベイエリアに借りたマンションで生活することになります。

ファンがひと目YOSHIKIさんの姿を見たい気持ちはもちろんわかりますが、そんなファンの行為から大好きな人に迷惑をかけ、せっかくの新居に住めなくしてしまったら、意味がないですよね…。

「NUDE」という本でも、「その人も別に邪魔しようとしてきているんじゃないのは解るけど、どうしてもね…空間を妨げられてしまいますよね」と話していたそうで、人気者の宿命ではあるものの、絶対にその人の生活を脅かすこてをしてはいけませんね。

いかがでしたか?

今回は、X JAPANのYOSHIKIさんについて、お届けしました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.