ダルビッシュ有の子供時代・高校時代の素行は?高校野球・彼女は?

本日、ダルビッシュ有さんの子供時代、高校時代の素行、高校野球といった話題について語っていきます。

ダルビッシュ有の子供時代は?

ダルビッシュ有は子供時代、いじめにあっていた?

今でこそプロ野球選手として大活躍しており、
誰からも「強い男」の象徴として認識されているダルビッシュ選手ですが、
子供時代はいじめにあっていたという噂があります。

これは単なる噂レベルではなく、雑誌やテレビ等のメディアでも本人の口からも語られている為、事実と言えるでしょう。

いじめの原因は?ハーフだから?

いじめの原因は、

ダルビッシュ選手の友と日本人とイランとのハーフだったため。

ハーフであることがが原因でいじめられていたってことですね。

日本は世界の人達からすると「日本人は優しい」といったイメージがあるのですが、
実際はどうなんでしょうね・・・?

スポンサーリンク

特に人から見ても普通で平均的な人間に対しては、
何も思いませんが、少しでも普通の人と違う部分があると、偏見の目を持ったり、陰口を言ったりと、いじめの対象としたりしてしまうような傾向があるように私は思います。

なので、ダルビッシュ選手もそういったハーフという人と異なる部分で標的になっていたと考えられます。
正直今のダルビッシュ有さんからはいじめにあっていたなんて風には全く見えませんがね。

しかし、
そういった辛い経験をバネにして、乗り越えた先にプロ野球のメジャーリーグの選手としての成功があったということが、あるのでしょうし、人生どんなことがきっかけになるのかわからないものです。

ちなみにダルビッシュ有選手が受けていた「いじめ」の経験もあり、下記のような活動にも参加していたようです。

ダルビッシュ有の子供時代にそっくりの次男・・どっちの次男?

「次男が僕の小さい時にそっくり」として、幼少期の自身の写真を公開
「本当によく似ていて不思議に感じたりします」と、感慨深そうに語った
「私ごとですが、次男が僕の小さい時にそっくりなんですよ」

自分の子供に対する感想を父親として語っていますね。

このコメントに関して、AbemaTIMESでは下記のように紹介されていました。

AbemaTIMESでは「元妻でタレントの紗栄子との間に生まれた次男がとても良く似ていることを紹介」と明記。

しかし、

次男が自分の子供時代にそっくりだということで、語っているダルビッシュ選手ですが、
実際のところこの「次男」というのは、元嫁である紗栄子さんとの間に生まれた次男なのか?

現在の嫁である山本聖子さんの間の次男なのか?

ということに関して明記はされていないため、この文面だけで判断することはできませんよね?みなさんはどう思いますでしょうか。

ダルビッシュ有と紗栄子の間の次男の噂

疑いのまなざしを向ける人々は「長男はダルビッシュに似ているが、次男はベビーシッターの男性に似ている」と決めつけ、ダルビッシュがDNA鑑定を要求したのだが、紗栄子がそれを拒否したという嘘かホントかわからない噂も広がった。

次男が生まれた翌年に2人は別居、さらにその翌年の2012年に離婚が成立している。

ましてや、元嫁の紗栄子さんとの間に生まれた品に関してはベビーシッターの男性に似ていると言った世間の認識としてあるようですので、この次男が自分の顔に似てるって発言は紗栄子さんを擁護する為にダルビッシュ有さんが発信した言葉なのかなのか。

正直実際のところはわかりませんよね。

ということで一時期この発言が世間をにぎわせていました。

ダルビッシュ有の子供時代の会話は英語だった?

ダルビッシュ有さんの子供自体は日常会話が英語だったってことで、これってかなりメリットだと思いませんか?

例えば、
野球選手でメジャーに行ってから英語を勉強しなくてはいけない人がたくさんいらっしゃるようで、そこでも現地の選手とのコミュニケーションをとるのに一苦労ってなる方が沢山いらっさしゃるようです。

子供時代から当たり前に英語を話していたダルビッシュ選手の場合は、まったく動じることなくメジャー中でも会話の問題にも直面しなかったのではないでしょうか。

やっぱり子供時代から英語に親しんでおくのは大事かも知れませんね。

ダルビッシュ有の高校時代の素行は?

・プライベートと野球のメリハリがしっかり効いてる
・自分の意見をしっかり言う。
・チーム内での目立った存在
・無駄な練習を一切しない為、自分勝手とも思われていた

スポンサーリンク

ダルビッシュ有の高校時代のエピソードを紹介

東北高校出身のダルビッシュ選手、高校時代からその他の選手とは一線を画してたってことで、当時からプロ野球を維持した意識していた可能性は十分にありますね。
しかし野球の実力は超一流だったてことですが同じ高校野球の仲間からは少し距離を置いていた。
または、距離を置かざるを得なかったといったような状態だったようです。

ダルビッシュ有・高校野球のチームメイトとのエピソード

下記のようなエピソードがあります。

・高井雄平ら三年生が抜けたあと大沼尚平はダルと距離を置くようになる。

・大沼らチームメイトが午前中の練習を終え、食堂に行くと寝起き姿のダルが座っていた。

・大沼尚平「彼とはほとんど一緒に練習したことがなかった」
・1年生は寮内で長ズボンと靴下の着用が義務づけられているが、ダルは入学当初から短パンに素足だった。
・そんなダルに対して若生監督は一切怒らず、練習メニューも本人にすべて任せていた。
・みんなが「高校野球」をやるのに対し、ダルは「プロ野球」をやっていた。
真壁「普通の高校生は全力で投げたり、でもダルは違った。6割くらいの力でやって試合の中で色々試していた」
・新チームになりキャプテンにダルが就任するが、実質的にチームを引っ張っていたのは副キャプテンの大沼尚平だった。
・23連勝で神宮大会に乗り込んだ東北は初戦で福井優也(広島)率いる済美にコールド負け
試合後ダルは審判への不満を述べ大会本部から厳重注意を受ける。

・神宮大会の数日後、若生監督に大沼が呼び出され
「ダルビッシュが野球を辞めたいと言っている。どうなってるんだ。」と怒られる。
辞めたい理由は二つ ・みんながついてきてくれない ・チームメイトが陰口を言う
食堂でチームメイトを集め、ミーティング。
チームメイトがダルへの不満をそれぞれぶつけダル号泣。
ダルも何か言うが小声で聞こえず
同級生の一人が通訳となりダルの言ったことを大声で言ってみんなに伝える。

しかし
これはチームメイトから嫉妬を受けていたからというふうにも考えられますし。

もともとダルビッシュ選手自身がさほど高校野球のチームメイトのとのコミニケーションを重視していなかった事も原因として考えられるかもしれません。
当時から孤高の天才といった立ち位置だったと思われますね。

高校卒業してからも何年も経ちますので、
その時の状況に対してはなんとも言えないですが実力が自分だけ抜きん出ているという状況もなかなか難しいのかもしれませんね。

高校野球といえども、全員が試合に出たい!レギュラーになりたい!って思いはみんな同じですからね。

だから
レギュラー争いはあるでしょうし。チームメイト自身は仲間ですが、それと同時にライバルといえるでしょうから

高校時代の素行が悪かったが、彼女がいた?

高校時代には彼女の存在があったようですね。

野球の投手として超一流でありながら野球だけではなくしっかり彼女もいたということで、羨ましい限りですね。

下記のようなエピソードがありますので紹介していきますね。

・ルックスは可愛らしい
・甘え上手で、よしよしのしたくなる(笑)
・気が強い

と言うタイプが高校時代の彼女だったらしい。

ダルビッシュ投手は複数知人に対して
『女1人だけなんて、俺満足出来ないんだよ!2・3人いて当たり前なんだ!』

ダルビッシュ有の高校時代に関してネットの反応は

最後に

ということで、ダルビッシュ有選手の子供時代や高校時代のエピソードをまとめてみました。
孤高の天才という表現がぴったりなダルビッシュ有選手ですね。

しかし、それゆえ人とのコミュニケーションでは苦労してきたという印象をうけました。
そういった意味ではイチロー選手にも近いものを感じましたね。

天才は天才なりに苦労しているのでしょうね。
凡人からは想像がつきませんがね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.