加瀬亮の父親は韓国人で会社は?英語力とセリフでの発音はアウトレイジ

こんにちは!今回は、スッキリとしたしょうゆ顔イケメン俳優、加瀬亮さんについて、お届けしたいと思います。

今日は加瀬亮さんのルーツともいえるお父さんに焦点を当ててみたいと思います。噂によるとかなりすごい方で芸能界への影響力も強いようですね。

そして加瀬亮さんの英語力にも注目していきましょうか。

加瀬亮の父親は韓国人で会社の会長

  

スポンサーリンク

実は、俳優の加瀬亮さんの実家…というより、加瀬亮さんのお父さんが、ものすごい企業の会長なんだと噂だそうです。

加瀬亮の父の名前「加瀬豊」

そこで、加瀬亮さんのお父さんがどのような人か、調べてみました。

加瀬亮さんのプロフィールを見ると、中央大学商学部中退後、映画『PiCNiC』『FRIED DRAGON FISH』を鑑賞し俳優の浅野忠信さんに憧れ、浅野さんの所属事務所であるアノレに手紙を送ったことから、付き人生活が始まったそうです。

浅野忠信の付き人後、俳優ではなく、映画の制作スタッフとして働くことも。
2000年に映画「五条霊戦記」でデビュー。付き人時代、裏方時代などがあるし、売れていないときはさぞ貧乏な生活をしていたんではと思った方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?
しかし、彼は貧乏とは無縁の業界でも、1位2位を争う「おぼっちゃま」なんです。
加瀬亮さんのお父さんは日本の総合商社・双日株式会社の代表取締役会長アステラス製薬社外取締役
年間売上(連結)は4兆円の総合商社の現役会長 加瀬豊氏!そんな大会社のトップである人を父親にもつ加瀬亮に貧乏なんてありえません。
資産的なことを言えば父親の加瀬豊は、双日の会長といっても一サラリーマンなわけで、森泉の祖母である森英恵のような莫大な資産はないでしょうが、社会的立場を考えれば、芸能人の親としては小泉孝太郎の父・元総理大臣の小泉純一郎の次にくるぐらいお偉い方です。
双日は商社ですが、芸能界にはスポンサー的な立場。
当然加瀬亮の父親は芸能界にも多大な影響力を持つと考えられます。
そんな人を父親に持つ加瀬亮の芸能界での活動は順風満帆なものだったに違いないと思われます。

加瀬亮さんのお父さんはかなりの人脈を持つ、大物ということは分かりましたが、俳優としての基盤は親に頼ることなく、自ら掴み取ったもののようですね!

スポンサーリンク