加瀬亮の父親は韓国人で会社は?英語力とセリフでの発音はアウトレイジ

こんにちは!

今回は、スッキリとしたしょうゆ顔イケメン俳優、加瀬亮さんについて、お届けしたいと思います。

今日は加瀬亮さんのルーツともいえるお父さんに焦点を当ててみたいと思います。噂によるとかなりすごい方で芸能界への影響力も強いようですね。

そして加瀬亮さんの英語力にも注目していきましょうか。

加瀬亮の父親は韓国人で会社の会長

  

実は、俳優の加瀬亮さんの実家…というより、加瀬亮さんのお父さんが、ものすごい企業の会長なんだと噂だそうです。

加瀬亮の父の名前「加瀬豊」

そこで、加瀬亮さんのお父さんがどのような人か、調べてみました。

加瀬亮さんのプロフィールを見ると、中央大学商学部中退後、映画『PiCNiC』『FRIED DRAGON FISH』を鑑賞し俳優の浅野忠信さんに憧れ、浅野さんの所属事務所であるアノレに手紙を送ったことから、付き人生活が始まったそうです。

浅野忠信の付き人後、俳優ではなく、映画の制作スタッフとして働くことも。
2000年に映画「五条霊戦記」でデビュー。付き人時代、裏方時代などがあるし、売れていないときはさぞ貧乏な生活をしていたんではと思った方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?
しかし、彼は貧乏とは無縁の業界でも、1位2位を争う「おぼっちゃま」なんです。
加瀬亮さんのお父さんは日本の総合商社・双日株式会社の代表取締役会長アステラス製薬社外取締役
年間売上(連結)は4兆円の総合商社の現役会長 加瀬豊氏!そんな大会社のトップである人を父親にもつ加瀬亮に貧乏なんてありえません。
資産的なことを言えば父親の加瀬豊は、双日の会長といっても一サラリーマンなわけで、森泉の祖母である森英恵のような莫大な資産はないでしょうが、社会的立場を考えれば、芸能人の親としては小泉孝太郎の父・元総理大臣の小泉純一郎の次にくるぐらいお偉い方です。
双日は商社ですが、芸能界にはスポンサー的な立場。
当然加瀬亮の父親は芸能界にも多大な影響力を持つと考えられます。
そんな人を父親に持つ加瀬亮の芸能界での活動は順風満帆なものだったに違いないと思われます。

加瀬亮さんのお父さんはかなりの人脈を持つ、大物ということは分かりましたが、俳優としての基盤は親に頼ることなく、自ら掴み取ったもののようですね!

スポンサーリンク

加瀬亮の父が韓国人の噂

実は、2008年に双日グループは韓国大邱広域市向けにモノレールシステムを受注し韓国で初めての都市交通モノレールを通しています。

そして、加瀬亮さんの父親である加瀬豊さんは2012年に社長から会長に就任していますので、父親の加瀬豊さんが社長の時に、韓国企業と関連性を持っていたようです。

息子の加瀬亮さんが、韓国映画の主役に抜擢されたり、その中で韓国女優との熱愛が噂されたり..と、親子揃って韓国と関わる仕事をしていたため、お父さんの加瀬豊さんが、韓国人では?との噂にまで繋がってしまったようですね。。

父親である加瀬豊さんの出身は千葉県で加瀬亮さんは神奈川県横浜市
加瀬亮さんは韓国映画や韓国人女性との浮気・・・父親の加瀬豊さんは韓国企業との提携・・・2人はそこそこ韓国との関連性はあるようですが、2人とも純血の日本人で韓国人ではないです。

加瀬豊さんが韓国人であるとの情報は単なる憶測で、きちんとした情報のソースがあってのものではなかったようです。

加瀬亮の英語力は抜群!

次に注目していくのは加瀬亮さんの英語力に関してです。

映画を中心として活躍する俳優の加瀬亮さんは英語もペラペラな演技派俳優です。加瀬亮さんは父親の仕事の都合(当時は、日商岩井勤務)で生後間もなく渡米することに。

スポンサーリンク

7歳まで7年間もアメリカ合衆国のワシントン州ベルビュー市で過ごしていました。その後も転校が相次いだり、日本語が上手く離せないことから友達作りに悩んでいたそうです。

そして、このアメリカ時代、お父さんの方はNIKEの創始者フィリップ・ナイト会長と人脈を持ち、個人的にも親しくしていたそうな…。

あの、世界のNIKEの会長と…相当な人脈ですよね。幼少期、海外生活で友達を作ることが難しかったりしたようですが、生まれた頃から自然に身につけた言語が英語なので、加瀬亮さんの英語はまさにネイティブですよね。

加瀬亮がアウトレイジで英語のセリフは

加瀬亮さんは、中央大学商学部に進学しています。大学時代は、4年間ボードセイリング(ウィンドサーフィン)部に所属しています。そして、彼の先輩が出ている舞台に誘われ、生まれて初めて見た芝居の面白さにひかれたのがきっかけとなり、大学卒業前に突然、お父さんに「役者になりたい」と告げたそう。ビックリしたお父さんには、当然大反対されました。
結局、お父さんとはけんかになり、加瀬亮さんは役者になる夢を叶えるため家を出て、しばらくはお父さんと疎遠になったようです。

当時の加瀬亮さんを知る人の話では「亮ちゃんは、お父さんに役者になることを酷く反対されたみたいで、役者を目指してからは、ほぼ絶縁状態だって言ってました。
亮ちゃんのお父さんが凄く偉い人だっていうのは周りの役者仲間はみんな知っていたけど、あえてそのことに触れないようにしてましたよ。亮ちゃんもそのことに触れられるのが嫌みたいでしたね。経済的な援助は受けてなかったみたいでしたよ、、、だって20代の亮ちゃんは凄い貧乏でしたもん。」との事で、おぼっちゃま生活から一転、厳しい生活を送っていたようです。しかし、そんな苦労が実って、2000年に映画「五条霊戦記」でデビュー。その後、代表作となる映画「ハチミツとクローバー」「硫黄島からの手紙」「アウトレイジ」など、次々出演を果たします。アウトレイジビヨンドでは、七三分けにサングラス姿が、まさにインテリヤクザという風体で強面で、一見英語が喋れるようには見えないですが、その英語力はこの映画の前作アウトレイジでは遺憾なく発揮されています!他にも、加瀬亮さんはハリウッド映画にも出演し、その英語力を発揮して

特攻隊員の幽霊ヒロシとして加瀬亮さんが出演しました。もちろんセリフは英語です!国際的に評価をされている役者さんなんですね!

2012年、北野武監督作品・映画「アウトレイジビヨンド」に出演した加瀬亮さんは、映画の中でアメリカ仕込みの英語を披露し、「加瀬亮の英語がすごい!」と話題になりました。

7歳までをワシントン州ベルビュー市で過ごしその後、帰国子女として日本で学生生活を送りました。帰国当初は日本語が不得意で苦労したようです。
「帰国子女で日本語もうまくしゃべれない子供で、友達から名前の加瀬をもじって”火星人”と冷やかされ、いじめられた。父の仕事の関係で転校も多く、友達となじめなかった。グループに入れなかった」と語っています。
中学時代、アメリカ人の友達の家に遊びに行った時に、英語がスラスラ出てこなかったという出来事があったそうです。ショックを受けた加瀬亮さんは、その後必至で英語を勉強したといいます。母国語が英語と言っても、アメリカで暮らしていたのは7歳までということですから、その後も英語を忘れないよう努力していたようですね。

アメリカと日本の行き来で、色々な苦労があったようですね。しかし、言葉も喋れない時期から、英語に触れて育ったわけですから、一般的な母国語の定義からすれば加瀬亮さんの母国語は日本語というより、英語。韓国英語に出演した際にも、インタビューは英語で応えたり、ハリウッド映画にも出演ができました。

これからの加瀬亮さんの活躍がとっても楽しみですね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.