さだまさしの娘の結婚と脳腫瘍とは?ピアニストなの?画像は?娘婿はゴスペラーズか

こんにちは!

今回は歌手のさだまさしさんについてご紹介します。

さだまさしさんと言えば、娘さんがいらっしゃることでも有名ですね。そして、その娘婿がなんとあのゴスペラーズのメンバーでもあるのです。

やはり音楽一家なのですね。今回は娘とその旦那さんとさだまさしさんとの関係に関して、情報をまとめていきたいと思います。

さだまさしの娘の結婚と脳腫瘍とは?

フォークデュオのグレープでメジャーデビューしたさだまさしさん。

「精霊流し」「関白宣言」などの大ヒット曲により、シンガーソングライターとして不動の地位を築きます。

音楽家としてだけでなく小説家としても活動し、『解夏』『眉山』などの作品は映画化されていずれも大ヒットしています。

スポンサーリンク

そんなさだまさしさんは1983年に結婚しており、長男・長女をさずかっています。

長男はユニット「TSUKEMEN」のメンバーとして2010年にメジャーデビューしたヴァイオリニスト・TAIRIKUこと佐田大陸。
長女は2011年にメジャーデビューしたピアノ・デュオ「Pretty Bach」のメンバーである詠夢。

さだまさしさんは、元客室乗務員の映子さんと結婚しています。

詠夢さんは目鼻立ちが整った美人で、現在は声優の佐久間レイさんと朗読コンサートツアーを行うなどかなり多忙なようです。

長女の詠夢さんを調べていくと、「脳腫瘍」というなんだか心配なワードが浮上してきます。

しかしこれは詠夢さん本人のことではなく、旦那であるゴスペラーズの北山陽一さんのことのようです。

脳腫瘍の手術を受け入院中だった5人組男性ボーカルグループ・ゴスペラーズの北山陽一(41)が退院した。
「スタッフ一同」の名前で更新されたサイトでは「皆様にご心配をおかけしておりますが、北山は治療の経過も良好で、先日無事退院することが出来ました」と報告。「担当医師からも順調に回復に向かっているとの診断を受けております。まだしばらくの間お時間をいただきますが、焦らず一歩ずつ復帰を目指し療養を続けてまいります」と伝えた。
先月30日に同公式サイトで脳腫瘍が確認されたことを発表。「幸い100パーセント良性の腫瘍」と診断され、同中旬に都内の病院で手術を行っていた。

今は順調に回復しているようで、一安心ですね。

さだまさしの娘はピアニスト?画像は

長女の詠夢さんはプロのピアニストとして活躍しており、「Pretty Bach」というユニットで活動しています。

6歳のときからピアニストを志し、師匠の教えもあって洗足学園高等学校音楽科に進学しました。

そのまま洗足学園音楽大学ピアノコースへ進み、大学時代には読売新聞社が主催する第80回新人演奏会に出演するなど頭角を現しています。

洗足学園音楽大学を首席で卒業したあとは2011年に、紅林弥生さんとペアを組んでクラシック音楽ユニット『Pretty Bach』を結成します。

スポンサーリンク

好対照の二人が個性を持ち寄り、奏でる2台のスタインウェイ。刺激的でエレガントなピアノデュオは、バッハもドラマにする。
二台のスタインウェイを使った贅沢なホール録音の本作は、鮮烈に明るい「2声のインヴェンション第8番」で始まり、「平均律クラヴィーア曲集」などからいくつかの名曲を巧みなデュオアレンジ・ドラマティックな展開で聴かせる。
華麗なサウンドを奏でながらも、二人が醸し出すアットホームな雰囲気は老若男女問わず様々なファンを獲得する可能性を秘めている。

ユニット以外でも海外のアーティストと共演するなど、その才能を発揮しています。

音楽家としての活動の傍ら、故郷である長野の放送局であるテレビ信州にて、『「エムカフェへようこそ。」~ピアニスト佐田詠夢のおしゃべりタイム』(不定期放送)のナビゲーターを務め、2018年4月からBS日本(BS日テレ)にてクラシック音楽番組『恋するクラシック』の司会も担当するなど幅広い活動を展開している。

ということで、父がシンガーソングライターで、娘はピアニスト。音楽一家といえますね。やはり小さい頃から歌手としての父の影響を受けていたのかも知れませんね。

さだまさしの娘婿はゴスペラーズ?

詠夢さんは5人組男性ボーカルグループ、ゴスペラーズの北山陽一と結婚しています。

関係者によると、2013年8月にさだが主催した東日本大震災復興支援ライブで出会い、約2年の交際を実らせてゴールイン。9月下旬に婚姻届を提出し、東京都内で結婚パーティーを開く。
大々的な挙式・披露宴は行わず、身内とメンバーでアットホームな結婚パーティーを開く。詠夢は妊娠していない。
出会いは一昨年8月。さだが故郷・長崎市の稲佐山公園野外ステージで行った東日本大震災復興支援ライブにゴスペラーズが出演し、北山はライブを見に来ていた詠夢と楽屋裏で話しているうちに意気投合。
クラシック音楽が趣味という共通点もあり、ほどなく交際に発展した。

北山陽一さんは結婚後、義父にあたるさだまさしさんと2015年に開催された『東日本大震災復興支援チャリティーコンサート2015』で共演しています。

さだまさしの「ゴスペラーズです」との呼び込みでメンバーが登場すると、観客たちは大きな拍手と、「おめでとう」という祝福の言葉で歓迎。さだが「北山くん、おめでとうございます」と“父親”としてお祝いすると、北山は頭を深々と下げた。
その後、さだが「君たちはグループの一員の不祥事をどう責任取る?」と冗談交じりに結婚について“口撃”すると、ほかのメンバーたちが「僕らにできたことは、さださんのあの歌(『親父のいちばん長い日』)の歌詞を読み返したということ。
そして(殴らせろという歌詞がある同曲にならって)僕たちが一列に並んで頬を差し出すということ」と見事に切り返して、会場の笑いを誘った。

音楽でひとつになった素敵な家族ですね。

この辺でさだまさしさんの紹介は終わりです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.