木梨憲武の自宅住所は南麻布で画像は?家の場所が成城か広尾なの?実家が自転車か

今回はとんねるずの木梨憲武(きなし のりたけ)についてみていきましょう。

お笑いコンビとして石橋貴明さん長年に渡り活躍中ですよね。これだけ長い間第一線で活躍している人も珍しいですよね。となるとその年収も相当なものと推測できますからとても豪華な自宅(マンション)に住んでいそうな印象ですよね。芸能人の方の自宅、憧れてますね!

自宅はどこなのでしょうか。また画像などはあるのでしょうか。今回は気になる木梨憲武さんの自宅場所と実家について調べていきたいと思います。

木梨憲武の自宅住所は南麻布?家の場所は?

独特の芸風で人気のとんねるず・木梨憲武さん。

お笑いタレントとしてだけではなく、俳優やアーティストとしても高い評価を得ており、そのマルチな才能を発揮しています。

そんな木梨憲武さんの自宅住所が南麻布という噂がありますが、本当でしょうか?

東京都港区にある南麻布ですが、昔から住宅地として知られている街だといわれています。
静かで住みやすいという点だけではなく、大使館も多いということで警察の見回りなどがあるので、治安も素晴らしいのだとか。
もちろん、治安や住みやすさだけではなく、地元に根づいた商店街などもあり、人の暖かさも感じられる街のようです。

芸能人御用達のエリアですよね。

東京都港区南麻布が自宅だとすると、都内でも有数の高級住宅街で、プライバシーが守られていて治安も良いです。

平均家賃は約12万円といわれていますが、きっと木梨憲武さんは豪邸を建てていることでしょう。

木梨憲武の自宅(外装)の画像は予想どおりの豪邸

自宅とは別に西麻布でホテル暮らしをするときもあるという噂があるので、隠れ家のような役割で借りているのかもしれません。

ネットに木梨憲武さんの自宅と思われる写真が出回っていますが、一目で豪邸だと分かりますよね。

木梨憲武の自宅(家)の場所が「成城」なのか

木梨憲武さんの実際の自宅は、東京都世田谷区の成城エリアというのが濃厚だそうです。

南麻布と同じように、東京都の中でも高級住宅街が並ぶ場所として知られています。

特に成城や深沢といった街には、社長や芸能人といった富裕層が住んでいることで知られているそうです。静かな住宅地ということに加え、お出かけするのに便利な交通アクセスや豊富な商業施設、自然と融合した街並みということで、こちらも住みたいと考えている人が多いといわれています。

その代わり、こちらも家賃というのが高いようで、家賃は安いところでも約8万円といわれており、広さと金額が釣り合わないという物件もあるそうです。

木梨憲武さんの自宅はこの成城にあり、400平方メートルの広さで地上3階建てになっています。

そして地下1階もあるというゴージャスなつくりの家です。総額建設費が億超えなのは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

木梨憲武の年収は2億円以上

現在はレギュラー番組が一本だけの木梨憲武さんですが、それでも年収は2億円以上ありますし、自宅の維持費は問題ないでしょう。レギュラー番組1本でも年収2億円以上は凄まじいですね。

木梨憲武の自宅マンションの場所が「広尾」?

以前、木梨憲武産の自宅は『港区南麻布4-1-12 ヒロオタワーズ』という情報がありました。

この場所には「広尾タワーズ」という有名な高級マンションがあり、そこに住んでいるという噂がありました。

しかし、前述したように世田谷区成城が自宅で間違いなさそうなので、これは単なる噂でしょう。

木梨が隣人を連れて登場したことで、話題は自然と木梨の私生活に。朝6時に庭の掃除をしているといい、「午後7時半に寝て、午前2時半から起きたこともある」と明かす。

また、「だらしない仲間とゆっくり飲むと、生活リズムが壊れてくる」と、夜遊びをバッサリ切り捨てる木梨だが、岡村は昔の木梨について「突然電話がかかってきて『集合!』と言われて、六本木とかで飲んでいた」と振り返る。

昔は六本木などで遊んでいたようですね。

実家は世田谷の祖師ヶ谷大蔵・自転車屋「木梨サイクル」

木梨憲武さんの実家は、世田谷の祖師ヶ谷大蔵商店街にある「木梨サイクル」を経営しています。

父親の木梨作三さんが経営しており、堅実な自転車の販売で昔から親しまれています。

「親父の作三は祖師ヶ谷大蔵が好きすぎて、いまでも良く店に出ています。自分も、月に1〜2度は『なごみ堂』
に行ってお茶を飲んだり、内緒で商品にサインなんかを書いたりして叔父さんにしかられています。長男なのでそろそろ“2代目・木梨作三”を襲名して、自転車屋を継がないといけないんですけどね(笑)」

2階にはカフェ&ショップ『なごみ堂』も併設されていて、祖師ヶ谷大蔵で半世紀以上営業しています。

ーー勉さんはノリタケさんにそっくりですね。
「よく言われます(笑)。憲武さんも月に一度くらいは必ずやってきてはコーヒーを飲んだりしてますよ。彼からはいまだに『ツーさん』なんて昔のあだ名で呼ばれてます(笑)」
「Tシャツやキャップなどのウエア系も充実しています。憲武さんが来るとサインをしていくことがあるので、ファンの方はそれを探すのが楽しみという方も多いんです」

木梨サイクルは昔からの自転車屋スタイルを維持しつつ、最新のトレンドも取り入れているのだとか。

そのスタイルが長く親しまれてきて、いまも繁盛しているのでしょうね。

「例えば、パンク修理のついでに『じゃあグリップも変えてみようか』と、カスタムする方も多いです。買い換えるつもりだった古びた自転車も、パーツを変えることで生まれ変わるもの。しっかりした価格の自転車を買っておけば、むしろ長く使えるからオトクなんです。秋にはショップオリジナルモデルを出す予定なので期待してほしいですね」

木梨憲武さんもお店に訪れることがあるのでしょうか?お父さんとのコラボを見てみたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.