有吉弘行の家の場所はどこ?自宅マンションの画像?実家住所と豪雨の被害と子供時代

今回はタレントの有吉弘行(ありよし ひろいき)についてみていきましょう。

テレビのバラエティー番組には欠かせない存在の超売れっ子となった有吉弘行さん。テレビで見ない日のほうが少ないのではないでしょうか。

年収をきくのが怖いくらい稼いでいそうですね。しかし、私生活は実は質素にくらしているという印象も強いですね。実は堅実で真面目なタイプですよね。

そんな有吉弘行さんの自宅マンションはどこなのでしょうか。また家賃はどれくらい??ということで情報まとめていきたいと思います。

有吉弘行の家の場所はどこ(自宅マンションの住所)

テレビで見ない日はないってくらいに毎日大忙しの有吉弘行さん。やはり今の時代にはこういうタイプの芸人さんが重宝されるのかも知れませんね。

そんな超売れっ子タレントの有吉弘行さんの自宅は、まるでホテルのような高級サービスが受けられるマンションだそうです。

有吉弘行の自宅マンションの家賃は70万円以上

       

家の場所はどこにあるのでしょうか。有吉弘行さんはテレビに出まくっているわりには必要以上にプライベートを明かすことはなく、公私混同しないタイプですよね。

プロ意識がかなり高いと言えそうです。

家賃が70万円以上する都心のマンションだそうで、正確な場所は不明です。
ゴミ出し1つするにも規則があるそうで、有吉さんがジャージでゴミ出しをしてしまっただけで、苦情が来たそうです。

ゴミ出しくらいは別にジャージでも構わないと思いますが、一流のところに住むとなるといろいろと細かな規則があるのですね。

有吉弘行さんはもともとかなり庶民的なタイプで、芸能人だからって豪遊したりはせずに質素な生活を好んでいます。

そのため現在の高級マンションのような環境では、過ごしづらく感じているかもしれません。

有吉弘行の自宅マンション・場所のヒントは夏目三久?

有吉弘行さんと夏目三久アナが以前熱愛報道された際、隣同士のマンションに住んでいるとの情報がありました。

都心の大通り沿いにある一軒の小さな寿司店。北海道の漁港と契約し、産地直送で新鮮なネタを仕入れる同店は、週末ともなれば連日満席という人気店だが、5月下旬のある日曜日の夜、有吉弘行(39才)は他の客に交じってカウンター席に座っていた。

そして、わずか30分ほどで店を後にした有吉は、うつむきがちに、トボトボと夜道を歩く。そんな彼が帰った先は、ある超高級マンションだった。

「有吉さん、4月下旬にこの高級マンションに引っ越したばかりなんですよ。大物芸能人が数多く住んでいるところで、彼の部屋は、120平米で家賃70万円という、超豪華な一室です」(お笑い関係者)

今もそのマンションに住んでいるとしたら、有吉弘行さんと夏目三久アナの関係はまだ続いていることになりますよね。

残念ながら自宅の画像はありませんでした。

スポンサーリンク

有吉弘行の実家住所は広島県安芸郡熊野町中溝か

有吉弘行さんの実家は広島県です。

有吉弘行さんは広島県で高校卒業までをすごし、卒業と同時に芸人になるべく状況しました。

猿岩石で大ブレイクをした有吉弘行さんですが、一時期仕事がなくなってしまったことがあったそうです。
有吉さんの自伝的な著作である「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則」の中には、仕事がなくなって困ってしまったときのエピソードが盛り込まれています。

事務所から朝電話がかかってきても、「仕事はなしです」と言われる日々でとても苦しかったそうです。
また、かなり稼いでいる芸能人でありながら庶民的な暮らしをしていて、レストランは5,000円以上のところには行かないと語っています。

ブレイクしても地元への愛を忘れない有吉弘行さん。その実家は広島県安芸郡熊野町中溝という情報が有力です。

有吉弘行の実家に豪雨の被害が?

有吉弘行さんの実家である広島県安芸郡熊野町ですが、2018年7月に起きた西日本の豪雨被害に見舞われています。

熊野町では多くの住宅が土砂崩れの被害に遭い、死者や複数の行方不明者が出ています。
有吉は「地元も、まだまだ被害が続く」とつづり、「西日本被災地の皆さんなんとか頑張ってほしい。
くれぐれも安全を確保して復帰作業をなさってください」と呼びかけた。
フォロワーからは「有吉さんの実家は大丈夫でしたか?」「有吉さんの実家が無事でありますように」「これ以上被害が広がらない事を祈っております」など心配とお見舞いのコメントが相次いでいる。

有吉弘行さんの実家や家族は無事だったようで良かったです。一日でも早い復興をお祈りします。

有吉弘行の子供時代が天使すぎる?!

毒舌キャラの有吉弘行さんですが、子供時代は天使のようにかわいいとの情報があります。

お笑い芸人の有吉弘行(41)は11月11日(2015年)、「ポッキーの日」にちなんで、ポッキーを食べている幼少時代の写真をツイッターに投稿した。
ポッキーの箱を片手に、そのうちの1本をいまにも口に入れようとするところを捉えた1枚。
おそらく5歳前後と思われるミニ有吉。帽子をかぶり、オーバーオールを着てポッキーを今から食べようとしているのだ。

有吉弘行さんがポッキーの日にちなんで投稿した、自身の幼少期の写真が、あまりにもかわいすぎると大反響でした。

有吉弘行の子供の頃の写真

子供の頃がまるで天使のよう。

そんな声がたくさんあがっていた有吉弘行さんの子供時代。

おかっぱ頭でまつげの長い男の子が写っているこちらの写真は幼少時に撮られたもの。
一見、当時の面影は残っていないように見えるが、目の辺りは今とほとんど同じである。
それにしても、こんなに可愛い男の子がどうしてあんな毒舌キャラになってしまったのだろうか。

むしろ、有吉さん本人であることが信じられないといった様子で、コメントも寄せられていました。

この画像は現在の姿とのギャップの大きさからTwitterで話題沸騰中!
有吉さん本人に「可愛い」「天使のようだ」と絶賛するリプライが飛ばされていたり、1時間で3000回以上リツイートされていたりとその反響は非常に大きい。

もっとたくさん昔の画像を見てみたいですね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.