タモリの自宅住所が目黒区八雲のどこ?田園調布?画像はハンバーガー?実家が福岡?

こんにちは!

今回は、お昼の顔、笑っていいともの名司会者!タモリさんについてお届けしたいと思います!

数十年に渡り、お昼の顔として活躍されてきたタモリさん。その自宅に注目が集まりますね。

自宅住所が明らかになっているようなのです。その住所が目黒区八雲とか田園調布とか噂されていますね。また実家はどこなのでしょうか。詳しくまとめていきたいと思います。

タモリの自宅住所が目黒区八雲のどこ?

「笑っていいとも」終了後も、いくつかの番組を持ち、活躍を続けています。

その独特な考えや芸風は人を選びますが、それでもクオリティの高い笑いを演出する姿は、彼を慕う芸人も多いのだとか。

そんな、芸能界の重鎮で、お笑い界の大御所のタモリさんならきっとすごいご自宅に住んでみえるのも、簡単に想像ができてしまいますよね^^

スポンサーリンク

自宅住所が「東京都目黒区八雲4ー10−13」の噂?

そんな気になるタモリさんのご自宅について、調べてみました。

タモリさんの自宅はかなりの豪邸だそうで、彼の住所も公開されているようです。
タモリさんの自宅の住所は、「東京都目黒区八雲4ー10−13」だそうです。目黒区は東京でも有名な高級住宅街などが立ち並んでおり、交通の便も最適で、女性も安心して住むことができる治安の良い街として人気が高いです。
かなり地価は高いですが、タモリさんなら目黒区にも自宅を持つことができるのでしょう。
また、家にシャンデリアをつけないで欲しいなどと、自分なりのこだわりを持って建てたようです。いつかタモリさんの自宅の特集などが組まれるといいですね。

もうお金持ちだなんて表現はぬるいかも知れませんね。大富豪と言えるタモリさんですから、自宅の外装や内装にもしっかりとお金をかけることができるのでしょうね、自宅の画像などはあるのでしょうか。

タモリの自宅の画像がスタイリッシュ!

ちなみに、こちらがご自宅のお写真。すごい大きなお家ですが、タモリさんらしくシンプルで
スタイリッシュな外観なんですね。

ご自宅は、閑静な住宅街にあるようです。竹野内豊さんの自宅にも、近いんだとか!

これだけ堂々と公開されていると、逆に悪戯や冷やかしなども、少ないのかもしれませんね。

現在、タモリさんは、自宅では奥さんと二人暮らしをしているようです。
タモリさんの奥さんは、タモリさんがセールスマンだった時代に同じ職場で出会った方のよう。あまり人前にはでたがらない性格で、タモリさんも奥さんについての情報は全く出しません。
しかし、そんなタモリさんの奥さんが、一度だけ、タモリさんのご友人の結婚式に出席し、
週刊誌に載ったことがあるようです。

奥さんの名前は春子さん。タモリさんより2歳年上で、
子どもはいないそうです。

タモリの自宅・田園調布の噂

タモリさんが以前「ブラタモリ」で、田園調布を紹介した際「うちの近くなんだけどね…」と
発言したことがあり「自宅・田園調布」と結びついたようですね。

タモリさんのご自宅は、先ほども紹介したように目黒区八雲にあります。

ただ、田園調布とタモリさんの自宅は、直線距離にすると、約3キロといった場所なので、確かに近いといえば近いですね^^

タモリの自宅「ハンバーガー」

タモリさんといえば食通で、ご自身でも様々な料理を作る事を番組でもよく話題にしています。

自宅に友人がきた時にも、彼なりのおもてなし方法があるのだとか。
実はタモリさん、友人が自宅を訪れた際には、自宅の近くのハンバーガー屋さんに友人を連れて行くのだそうです。
これには様々な目撃情報があるようなのですが、お店も一つとは決まっておらず、様々なハンバーガー店に出現するようです。
目黒区のハンバーカー屋さんに行けば、もしかしたらタモリさんに出会えるかもしれませんね!
そのほかにも、タモリさんは友人を自宅に招いた時に自分の流儀で作った料理を振る舞うことがあるらしく、これがまた絶品なのだとか。
特に有名なのは、豚の生姜焼きのようです。このレシピは公式でも発表されているので、ぜひみなさんも自宅で作ってみてください。

スポンサーリンク

ご自宅に知人や友人を招いた際、食事を用意できるときには、幼い頃から祖母に教わった
料理で磨いた腕を披露するのだそうですが、どうしても料理が用意できないときには、ご近所
のオススメのハンバーガー屋さんに、お客様を連れていくということのよう。

もちろん、ご自身で手作りのハンバーガーやお酒を出したり豚の生姜焼きを出したりと、どもれ彼が作ったものはクオリティが高く、自慢の料理がもてなされるといわれています。

ちなみに、タモリさんオススメのハンバーガー屋さんの店名は「AS CLASSICS DINER」

こちらも目黒区の駒沢通りにあるそうです。

アメリカンダイナーの雰囲気と拘りのハンバーガーやサンドイッチなど、豊富なメニューを楽しめる店で、添加物・保存料も不使用とのことです^^

 写真を見るだけで、美味しいと分かっちゃう感じですね!!
 

タモリの自宅の「オーディオ」へのこだわり

また、ご自身が司会を務める「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で、タモリさんが、オーディオマニアのこだわりについて語られていますね。
 
オーディオマニアは電源の質にこだわる結果、自分の家だけに電気を供給する「マイ電柱」を立てるという。
 
そこで番組は、実際に東京・世田谷区にある江崎友淑さん宅を訪れ、その立て方などを学んでいった。レコーディングエンジニアの江崎さんは、5年前に自宅兼仕事場を新築した際に「マイ電柱」を設置したという。
 
通常の場合、電柱ひとつのトランスから約20軒に電力を供給するが、「マイ電柱」を立てることで自宅のみにすることができる。そのため、他宅の家電製品などから発するノイズを排除できるのだという。
 
タモリさんの自宅も地下にはスタジオ兼オーディオルーム」があるのだそうなので、お客様のおもてなしにも使われていそうですね!

タモリの実家が福岡

タモリさんの現在の自宅が目黒区であることはわかりましたが、出身地についてはどうでしょう?

彼のもう一つの自宅といえる実家は、出身地でもある福岡県福岡市南区にある
といわれています。
最近では福岡出身の芸能人があつまる『福岡会』にも参加しており、出身地が
同じタレントなどと交流を深めているそうです。
さて、タモリさんは高校卒業後早稲田大学へと進学したのですが、授業料が
未払いだったため、3年のときに除籍となってしまいました。除籍からしばらくして福岡へと帰ったタモリさんは、職を転々としていたそうです。
その後、喫茶店のマスター時代にジャズピアニストの山下洋輔さんを初めとした有志によって、再び上京したといわれています。
その時、タモリさんの才能に惚れ込み、彼をデビューさせたのがあの赤塚不二夫さんだったそうです。
自宅のある福岡から上京したタモリさんのお金や住むところなど、赤塚さんが
最大限のサポートをしていたようで、彼もそれに応える形で人気をあつめました。
今のタモリさんが存在しているのは、まさに赤塚不二夫さんがいたからこそだと思います。

タモリさんの故郷は、福岡のようですね。
色々と将来を模索していたタモリさんが上京して、赤塚不二夫さんと出会ったことをきっかけに、今の成功をつかまれたようです。

また、時期は未定だそうですが、いつか福岡に帰るための家を探しているそうです。

タモリと同じ福岡市立高宮中学校の出身の森口博子、氷川きよし、博多華丸の4人で集まった時もその話になったという。
芸能関係者が続ける。「全員『年を取ったら福岡に帰る』で一致し、博多華丸くんは『50歳になる2020年が、福岡と東京で芸歴が半分半分の節目となるので、福岡に帰って昼の帯ラジオをやりたい』と言ったそうです。また、タモリさんには福岡県に選挙区を持つ麻生太郎元首相から、以前、福岡県知事への出馬要請があったとも聞きました。
タモリさんは絶対に政治には関わらないでしょうが、『自分を育ててくれた福岡に何か恩返しがしたい』と常々言ってます。

いかがでしたか?
今回は、お笑い界の大御所!タモリさんについて、お届けしました!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.