森口博子の髪型のカット名?変わらないの?古い?パーマと切り方のオーダーや後ろは

こんにちは!

森口博子さんは現在40代ということですが、今現在もお綺麗ですよね。

そんな森口博子さんの髪型は変わっていないといわれているようです。また、少し古い?パーマの頃の髪型もあるのでしょうか。

またカットの仕方や、オーダーの仕方、後ろがどうなっているのかなどについても調べてみたいと思います。

森口博子の髪型が変わらない?

森口博子さんの髪型が昔と変わっていないといわれてるようですが、それは本当なのでしょうか。またいつから変わっていないのでしょうか。

森口博子の髪型は好感度が高く可愛いのですが、スタイルを変える事がほとんどなく、基本的にはずっと同じ髪型で、アレンジで雰囲気を変えています。前髪は目にかかるくらいの長さなのですが、サイドの髪の毛につながるようにカットして、横に流す方法です。サイド髪はレイヤーを入れて軽い感じにしています。

森口博子さんの髪型はたしかにスタイルがほぼ変わることはありませんよね。いつ見ても大体同じ髪の長さです。ただ変えているのはアレンジの仕方だけなんだそう。誰にでも似合う王道のスタイルといった感じで、最近の流行りに流されることもなく、だけど浮くこともないスタイルですよね。

スポンサーリンク

森口博子の髪型は古い?

森口博子さんの髪型について一部では古いなんて意見もあるようですが、確かにずっと同じスタイルなので逆に言えば古いということになるのかもしれないですが、自分に似合う髪形を良くわかっていらっしゃるんじゃないかと思います。

確かに古いのかもしれないですが、アレンジの仕方で今風に近づけることもできると思います。

ですが、そこまで古臭いような髪型ではありませんし、どの時代でもおかしくはないヘアスタイルといえるのではないでしょうか。

森口博子の髪型・パーマ

森口博子さんのこれまでのヘアスタイルでパーマをあてていたことはあるのでしょうか。またパーマを当てているのでしょうか。

こちらの髪型のヘアスタイルは、今までご紹介してきたウェーブロングなのですが、耳の辺りで大きめのウェーブを作って、そこから下の毛先にかけて、細かいウェーブを2段階で入れています。
こういったウェーブロングの変化球もおしゃれで素敵なので、是非こちらのパーマのカット名をオーダーしてみましょう♪

こちらの髪型はウェーブスタイルのようですが、上と毛先の部分でウェーブの幅が違うようですね。これは普通のパーマスタイルとは少し違ってまたおしゃれですよね。

こうして二段階違う幅をいれることによってより髪に動きがついている感じがしていいですね。おろしていても、髪を束ねても可愛くなりそうなヘアスタイルですね。

髪型のオーダーとカット名

スポンサーリンク

森口博子さんのような髪型にする場合どのようにオーダーそればいいのでしょうか。

そして森口博子さんのカット名ってなんていうんでしょうね・・結構特殊な髪型?
カット名がわかりにくい場合は、森口博子さんみたいにしてください!っていうのが間違いなさそうですね。美容室でオーダーするのはちょっと恥ずかしいですけどね。

森口博子の髪型の「後ろの切り方」

オーダー方法に少し書いておきますね。

森口博子の髪形をオーダーするにはサイドと後ろにボリューム肩から下は、イカ足のように伸ばす。
ウルフカット!!!イカ足を32cmの太いアイロンで巻く!何年も同じ髪型なので「森口博子の髪型」と言ったら、美容師さんもイメージできるはず!

ウルフカットというと、やはり一昔前のようなイメージがありますが、現在のウルフカットは昔の形とは少し違い、ふわふわなエアリーウルフカットと呼ばれるもの。

ふんわりさせることでボリュームも出来ますし、段々と髪の毛が薄くなっていてペタンとなってしまう悩みも解消されるのではないでしょうか。

森口博子の髪型はセミロングくらいの長さなのですが、長すぎず短すぎでもないのが特長でしょう。ストレートヘアの時には、髪の毛の長さが胸の位置くらいになっていますが、アイロンなどで巻いている時には、少し短く見えるようになります。美容室でオーダーする時に、好みの長さを伝えるのと同時に、エレガントな雰囲気になる長さをキープしたいと伝えてみると上手くいくかも知れません。

美容師さんに伝える際には、このように普段のアレンジの仕方、ストレートなのか、巻き髪にするのかなどによっても長さが変わってくると思いますので、普段のアレンジの仕方はこうしたいと伝えることも大事ですね。

オーダーの際の注意点「レイヤー」

森口博子さんの髪型を真似してみたい!という人の為に一つ注意点があります。

気をつけたいのが、森口博子の髪型は髪の毛にレイヤーが入っている点でしょう。バックの髪の毛のレイヤーをどの程度いれるかによって印象が違いますので、できれば、正面・横顔・後姿の3つの画像を準備しておいた方が失敗がありません。

レイヤーが入っている髪形ですので、入れる量によって雰囲気が変わると思います。

なのでその点も失敗しないためには、画像を保存しておくのも美容師さんにとってもわかりやすいと思うので用意しておくのも大事ですね。

あとは、やはりレイヤーが入っていると痛んだ髪の毛だとぱさついてしまって見た目が残念な感じになってしまうので普段のお手入れは大事になってくると思います。

美容室でトリートメントをしてもらうのもいいですし、自宅で洗い流さないトリートメントなどを使って普段からお手入れすることも大事になってくると思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.