黒柳徹子の自宅住所・場所が乃木坂!写真は?恋人が外国人で誰?モデルか指揮者?

こんにちは!

今回は、司会者として、女優として、また徹子の部屋で有名な、黒柳徹子さんについて、お届けしたいと思います!

黒柳徹子の自宅住所・場所が乃木坂!

黒柳徹子さんは、現在84歳で東京府東京市赤坂区乃木坂出身です。

実は、黒柳徹子さんは同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者というとんでもない記録の持ち主でもあります。

黒柳徹子の自宅の画像は公開されてない?家政婦は?

そんな、日本を代表する名司会者の黒柳徹子さんの自宅の場所は、どこにあるのでしょう?

残念ながら自宅の画像については公開されていないんですよね。イメージからすると、いかにもお金持ちが住む豪邸で家政婦さんが身の回りの世話をしてくれているような印象があったのですが。

スポンサーリンク

黒柳徹子の実家が音楽家で家族構成は

自宅についてはあまり情報がないということですが、まずは黒柳徹子さんの実家とその家族構成に関してもみておきたいと思います。

黒柳徹子の実家の住所は東京府東京市赤坂区乃木坂、現在の港区に生まれました。大田区北千束町という場所の住所で育ったそうです。
父親は音楽家でヴァイオリニストの黒柳守綱、母親は声楽家でエッセイストの黒柳朝。弟も後にヴァイオリニスト、妹はバレリーナとかなり音楽に縁のある家のようですね。
黒柳徹子は80歳を超える年齢ですが、生涯独身を貫いて来ました。
長い間女優として活動してきただけに、資産は相当なものと言われています。

家系図というほどでもありませんが、音楽家の一家ということですね

自宅もかなりのものだと噂されているのですが、その自宅が実際に明らかになったことはないそうです。
ネットでも自宅の住所等はほとんど載っていないようです。
そんな黒柳徹子の自宅ですが、複数の自宅といえるものを所持しており、
その一つがとある住所にあるマンションだと言われています。どうやらそのマンションの住所は西麻布のようですね。西麻布にあるマンションが黒柳徹子の自宅の一つだと言われているようです。

自宅マンションで黒柳徹子が目撃されたという一般の情報はないようなので、週刊誌などの噂がそのまま真実と勘違いされて広まったとも言われています。
一説では黒柳徹子は自宅マンションに帰るほど余裕がないと言われているのです。
それが黒柳徹子がかなり足の具合が悪く、ほとんど車椅子で生活しているような状況だと言われているのです。
そのため、自宅といえる場所はほとんど使用されてないともいわれ、今は病院が自宅代わりになっていると言われていますね。
実は黒柳徹子の自宅がどこにあるかという説に、都心部にあるマンションに母や弟と暮らしていたという噂もあるんです。そのマンションが建て替えになったため、黒柳徹子は一時的にそのマンションから離れた住所にある病院で過ごしているという話があるんですね。

黒柳徹子さんの自宅住所は、一時、西麻布にあるマンションなのでは?と噂されたようですが、その噂に確たる証拠はなかったようです。そして、現在はマンションではなく一時、病院に入られており、身体の調子が万全になれば、弟さんと住まれているマンションに戻るのだろうとの事でした。

黒柳徹子の自宅アパートの画像(20代の頃NYにて)

黒柳徹子さんの住まれているマンションの画像については、住所がわからないため当然出回ってはいません。

スポンサーリンク

ただ、こちらはある番組で黒柳徹子さんが自宅でキッチンで料理する様子を公開はされています。

また、こちらは黒柳徹子さんが20代の頃、ニューヨークで留学されていた自宅のアパート写真は見つける事ができました^^

黒柳さんも、黒柳さんのアパートもお洒落ですね^^

恋人が外国人の指揮者「ワイセンベルク」かモデル?

黒柳徹子さんは、84歳の現在まで未婚、独身ですが、これまでいくつかのいい恋をされてきたそうです。

その中でも、40年もの間、遠距離恋愛をしていた外国人の恋人がいたとのこと。誰か気になりますね!そして、その外国人恋人は、ピアニスト、アレクセイ・ワイセンベルクでは?という噂が有力ですが、本当なのでしょうか?

一説によるとモデルの恋人がいたのではないか?という噂のある黒柳徹子さんですが、モデルよりもこちらの外国人の指揮者の方のほうがしっくりくる気がします。

黒柳徹子と指揮者との出会いと恋愛

 

恋人が外国人だっということで、どんなふうに恋愛をされてきたのでしょうか。

外国人男性ということでそれだけでオシャレなイメージを持ちますよね。

黒柳徹子さんは、40年にも及ぶ外国人の恋人との関係について「いい恋をした」と語っています。いい恋愛をすると一生涯それでいけます!とのこと
黒柳徹子さんが結婚しようと思ったことは2,3度あるそうで、1度目は、23歳くらいの時お見合いで結婚直前までいったけれども相手の男性に、「結婚ってそんなにおもしろいものじゃないよ。お味噌汁つくったり、親戚のお葬式にいったり、税金払ったり」「それよりも、君という人間がどんな人間なのか探索するために、勉強したり仕事したほうがいいんじゃない?」と言ってもらったことで破談になった。
2度目は、30歳のとき。
黒柳徹子さんが本当にいい恋をした..と言われたお相手は、外国人男性だったので、一緒にパリに来ないか?と言われましたが、仕事を辞めないと結婚できそうになかったから、離れ離れでやってみようと国際遠距離恋愛を40年も続けたそう。
黒柳徹子さんが30歳から40年ということは、70歳までその外国人の恋人と交際していたんですね。会えるのは1年に2度ほど。
黒柳徹子さんが会いに行っていたそうです。外国人の恋人とは英語で会話していたとのこと。
噂になっていたのは、ブルガリアのピアニスト、アレクシス・ワイセンベルク2012年1月8日に82歳で他界。

パーキンソン病を患っていました。彼はブルガリア出身ですが、ユダヤ人であったためナチスから逃れるために、亡命をして、1946年にアメリカに移住しています。
ニューヨークのジュリアード音楽院に入学するためです。1982年ワイセンベルクは来日。徹子の部屋にも出演しています。コンサートでの来日でしたが、黒柳徹子さんも駆けつけています。
そのときのワイセンベルクと黒柳徹子さん。黒柳徹子さん49歳、ワイセンベルク53歳。

黒柳徹子さんといえば、作家で、ユニセフの大使で、一流の司会者という才女のイメージが
強いのですが、女性としても素晴らしい女性なのでしょうね。

いかがでしたか?

今回は、黒柳徹子さんについてお届けしました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.