さだまさしの自宅は東京?千葉の市川や諏訪?実家の住所と場所は長崎? | 芸能人噂・経歴 恋愛事情 裏の顔.com

さだまさしの自宅は東京?千葉の市川や諏訪?実家の住所と場所は長崎?

タレント

こんにちは!

今回はシンガーソングライターのさだまさしさんについてご紹介します。

さだまさしさんですが、自宅の場所に関していろんな情報がありますよね、一体どこが本当の自宅なのでしょうか。また実家の場所は?

さだまさしさんクラスの方だと自宅が2つとかあってもおかしくないですよね。

今回はさだまさしさんの自宅と実家に関する情報を詳しくまとめていきたいと思います。

 

さだまさしの自宅は東京?

長崎県出身のさだまさしさんは、住居を転々としているため、現在どこに住んでいるのか?と、ファンの中で討論になることがあります。

学生時代は単身上京して千葉県市川市に20年もの間住んでいて、その後長野県諏訪市にも長年住んでいました。

現在は東京都内に住んでいるようですが、具体的には東京都荒川区とする説が有力で、実際に荒川区の観光大使をやっていたこともあります。

 

さだまさしの千葉県の市川市の自宅は聖地

裕福な家に生まれたさだまさしさんは、3歳の頃よりヴァイオリンを習い始め、その音楽の才能を発揮していました。

しかし、1957年におこった諫早の大水害によって父親の事業は失敗してしまい、さだまさしさん一家は豪邸を失ってしまいます。その後は小さな長屋住まいとなりました。

1985年に発行された、母・喜代子さんの子育て記「永き旋律―さだ家の母と子どもたち」によると、家計が苦しい中でも、さだまさしさんを有名なバイオリン教師に師事させていたそうです。

スポンサーリンク

さだまさしさんを幼稚園にも通わせず、家で猛烈な練習をさせていて、「バイオリニストを目指した母親との日々が、現在のさだの素地」と語り継がれています。

1963年、さだまさしさんが小学校5年生のときに「毎日学生音楽コンクール西部地区(九州地区)大会」で3位の成績をおさめます。

その後、ヴァイオリン指導者として高名な鷲見三郎氏に認められ、長崎市立西北小学校卒業後の中学1年生のときに、ヴァイオリン修行のため単身上京します。

それ以降は東京都葛飾区で下宿生活となり、中学3年生からの約20年間は千葉県市川市で過ごしています。
歌手のさだまさしさんが多感な青春時代を送った「第二の故郷」である市川市の吉澤ガーデンギャラリーと木内ギャラリーで、企画展「さだまさしミュージアム」が開幕した。貧乏暮らしをした同市国分のアパート「平川荘」の一室を再現。愛昭和45年から5年間(一時帰郷)、暮らした。
「さださんは青春時代、この部屋で詩集や哲学書を読み、壁にもたれてギターを弾いて作曲したそうです。人生の転機となった場所で、ファンにとって『聖地』といえそうです。市川には通った銭湯や飲食店、愛用のバイオリンを質に入れた質屋などがある。ゆかりの地を散策するのも楽しいですよ」と笑顔で語る。

ということで、千葉の市川市が第二の故郷ですね。

シンガーソングライターの方って色んな人生経験をされている方が多いように思いますが、そいう人生経験を歌にして、人々の共感を得ることができるんですよね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました