久保純子の現在はニューヨーク?若い頃からかわいい!父親は久保晴生?

こんにちは!

今回は元NHKアナウンサーで現在はフリーとなった久保純子さんについて、お届けしたいと思います。

久保純子の現在はニューヨーク?

久保純子さんの現在はニューヨークに在住なのでしょうか。

久保純子アナは、”クボジュン”の愛称で親しまれるフリーアナウンサーです。NHK局アナ時代は、アイドル並の人気を博し、紅白歌合戦の司会を3年連続で務めたことまでありました。
これだけでも、どれだけ人気と実力があったかがわかります。

スポンサーリンク

久保純子アナの結婚は、2000年1月です。

お相手は芸能人やスポーツ選手などではなく、一般人の同級生でした。

こんにちは! 今回は、元NHKアナウンサーで愛称は「クボジュン・ジュンジュン」と呼ばれて親しまれた、現在フリーに転向された久保純子さんにつ...

夫・清重和弘は、久保純子の慶應義塾大学時代の同級生で、大手広告会社・電通に務めるエリート社員。

2011年に、電通に勤める夫・清重和弘のアメリカ転勤に同伴するため、全てのレギュラー番組を降板し渡米しています。

久保純子夫妻には、スピード婚にありがちなスピード離婚が心配する声がありましたが、家庭は円満そのものだったようです。
夫のアメリカでの任期は1年半だったため、久保純子アナは、帰国後の2013年には芸能活動を再開。

しかし、ラジオや地上波以外でわずかに見られるのみとなってしまい、多くの番組に引っ張りだこ状態だった渡米前に比べると、帰国後は消えてしまった感が否めません。

現在も、バラエティ番組に出演することはありますが、レギュラー番組とは、縁遠い存在となってしまいました。

久保純子アナは子供好きで、NHK退社後は、実母が主宰する英語教室の先生を務めたり、絵本の翻訳も手掛けています。
アメリカでは、五感や経験を通して学ぶモンテッソーリ教育の国際免許を取得したといいますから、活動内容にも変化が生じているのかもしれません。
久保純子アナは、小学校時代の4年間をイギリスで、中学校時代の一部をフランス、さらには高校時代をアメリカで過ごした経験をもつ帰国子女です。

NHK退社後には、TBSで「クボジュンのえいごごっこ」という子供向け語学番組を持つなど、その英語力は言うまでもなくお墨付き。また久保純子アナは、2017年3月1日放送のバラエティ番組「あいつ今何してる?」に出演し、東京三鷹で過ごした中学時代の同級生で、親友だった双子の姉妹と、感動の再会を果たしました。

 

久保純子アナウンサーはご主人の仕事の関係で、仕事を調節しアメリカについていかれたようですね。

ただ、お仕事は完全に辞めたわけではなく、単発的にテレビのお仕事をされているようですね。また、歌手の岸谷香さんがニューヨークに行った際に、久保純子さんと会われたようで、ご自身のブログにツーショットを上げていました。

夜はお友達とご飯??なんと、NYにお住まいの久保純ちゃん

2016年の仙台ピットのこけら落としに彩子と一緒にいらして、それ以来、お友達に!
見た目はgirlyだが、男らしい純ちゃんで、気が合う女子アナって、ちょっと女バンド、と似てる気がする。

違うのは、学生時代に勉強したか、せずに音楽やってたか、の違いだ??ま、どちらも共通して、女々しいとやってらんないんだろう
みんな仲良しの女子アナは、男らしいしかも、子供達が、純ちゃんち、彩子んち、うち、と、みんな同級生。ママ友でもある事が、また、仲を深める。めちゃ楽しいNYラストナイトだった!

岸谷香さんと、久保純子さんな気の合うお友達のようですね。

お写真から久保純子さんの充実しや様子が伝わってきます。

久保純子の若い頃がかわいい!

現在46歳になる久保純子さん。

奇跡のアラフォー&美魔女と呼ばれ、NHKの局アナ時代から変わらない美しさをキープし続けています。そんな久保純子アナの若い頃は当然可愛いと評判だったようですね。

こちらの写真は二年ほど前のもの。40代半ばとは思えない美しさです。

学生時代はイベントコンパニオンをするほど可愛いかった言われている彼女。そんな久保純子さんの若い頃について、調べてみました。

久保純子さんは大学時代、慶応義塾大学に通っていました。
そして、同じ大学だったご主人と結婚をしているのですが、どうやら久保純子さんは大学時代、その美貌からモデルをされていたようです。

大学時代はお父さんがアナウンス部長を務めていた日本テレビでイベントコンパニオンとしてのアルバイト経験があり、「午後は〇〇思いっきりテレビ」ではみのもんたさんと共演したこともあるそうです。

東京ドームで読売ジャイアンツのマスコットガールのアルバイトをしていてホームランを打った選手にジャビット君人形を渡すのが主な仕事でした。

選手がホームランを打たないと仕事がないため、裏に控え室で勉強していると桑田真澄選手が声をかけてくれたというエピソードも。

若い頃の久保純子さんは、どちらかというと清楚で可愛らしい感じですね。

今はしっとりとした落ち着きと美しさを兼ね備えている気がします。

久保純子の父親は久保晴生氏?

久保純子さんの家族構成についても気になりますよね。

久保純子アナウンサーは、1972年1月24日、父・久保晴生、母・久保淑子ともに元日本テレビアナウンサーという家庭に生まれた、いわばアナウンサーのサラブレッドでした。
両親の仕事の都合で海外と日本を行ったり来たりしていた久保純子は、アナウンサーの子供には珍しく、日本で通った小学校、中学校、高校は、私立ではなく公立校ばかり。
東京都三鷹の市立中学校を経て、偏差値63の進学校・東京都立調布北高校へ進学していたようです。

また、アナウンサーになる事を決意し、両親と同じ道に進む事になった際のエピソードなどを語られていました。

「アナウンサー試験は、両親には黙って受けました。

打ち明けたのは、選考が残り10人に絞られた段階です。父(久保晴生氏、元日本テレビアナウンサー)はびっくりしてましたね。

海外生活が、日本語をきちんと操るアナウンサーになるにはハンディになると思っていたようです」「かけだしのころは父によく相談しました。イントネーションはこれでいいのか、こういう言い回しでいいのかとか。持って生まれた天性の才能があったわけではないので、最初は苦労しました。そんなとき、父はいつもアドバイスをしてくれました。今でも相談することがあります」

人生の先輩として、また仕事の先輩としても、

久保純子アナのお父さんである久保晴生アナはとても頼りになる存在だったようですね。

久保アナのお父さんは、日テレのアナウンス部長を勤め、日テレアナウンスカレッジの初代学長も勤めたすごい人みたいですね。

80代になった今でも日テレのスーパーバイザーをされているんだとか。また、お母さんはアナウンサーをやめて、英語の教師をされていたようです。子育てとの両立は大変ですもんね。

いかがでしたか?

今回は、フリーアナウンサーの久保純子さんについて、お届けしました。

スポンサーリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.