瀬戸カトリーヌの結婚相手?現在は離婚?ハーフで父親がパン屋?母は新喜劇?

こんにちは!

タレントとして、また女優としても活躍する瀬戸カトリーヌさんについて、お届けしたいと思います。

今回は瀬戸カトリーヌさんの結婚相手と離婚に関する話題と気になる家族構成(父親と母親)についても調べて詳しくまとめていきたいと思います。

瀬戸カトリーヌの結婚相手

瀬戸カトリーヌさんといえば、世界ふしぎ発見ミステリーハンターのレポーターとして、有名ですよね。

そんな瀬戸カトリーヌさんは、どうやら1998年ぐらいに友人の紹介で知り合い交際スタートし、2006年8月に結婚したそうです。

お相手は、瀬戸カトリーヌさんより3歳年下のサラリーマンだったみたいですね。瀬戸カトリーヌさんの結婚相手や、結婚についての噂の真相を調べてみました。

瀬戸カトリーヌの現在は離婚の噂

スポンサーリンク

2006年8月に一般のサラリーマンと結婚した瀬戸カトリーヌさん。
しかし、現在は離婚してしまっているようですね。

離婚の理由としては、ご主人の仕事の都合で、遠距離恋愛ということもあり、結婚生活は長くは続きませんでした。

瀬戸カトリーヌの元旦那はサラリーマン

瀬戸カトリーヌさんの元旦那はどんな方だったのでしょうか。

瀬戸カトリーヌさんの元旦那さんですが3歳年下のサラリーマンだったみたいですね。
1998年ぐらいに友人の紹介で知り合い交際スタートし、2006年8月に結婚したそうです。
結婚前の2003年、旦那さんは工場のマネージャーとしてカナダに単身赴任となります。結婚前から遠距離恋愛になってしまったようですね。

それでも結婚に踏み切ったということはそれだけ愛していたということでしょうね。
事実、結婚を発表した時点で瀬戸カトリーヌさんは日本とカナダを行き来して旦那さんに頻繁にあっていたそうです。

日本からカナダまで行くのには仮にバンクーバー国際空港に行くと仮定して飛行機で約9時間かかるみたいです。

愛がなければこの距離は頻繁に移動できませんね…。しかし、遠距離恋愛は実らないことが多いという言葉があるように2009年8月に離婚を発表。

離婚を切り出しのは旦那さんでした。
離婚の理由としては遠距離であることと、瀬戸カトリーヌさんが仕事人間だったこと。

当時瀬戸カトリーヌさんは結婚してからもバラエティ番組や舞台にと大忙しで、離婚する直前は舞台の稽古が続き、家に帰るのが遅く夫婦の会話がほとんどなかったそうです。

遠距離から来るすれ違いと、仕事の忙しさから来るすれ違いが重なったんですね。

瀬戸カトリーヌが離婚について語ったブログ

愛し合って結婚したはずなのに、とても残念ですが考え抜いた上での決断だったと思います。離婚について、ご自身のブログで報告されていました。

瀬戸カトリーヌさんは、「好きな人か仕事かと天秤にかけた時に、当時は彼を取れず仕事をとってしまったのが原因だった」と語っていたようですね。

ただ、ご主人と離婚後、2013年に放送されたテレビ番組で、恋人がいる事を告白しており、そのお相手は15歳年上のバツイチ男性だと言われていたようです。もしかしたら、再婚もあり得るのかもしれませんね。

瀬戸カトリーヌはハーフで本名は

スポンサーリンク

瀬戸カトリーヌさんって、変わったお名前をされていますよね。

一見すると、とても目鼻立ちのハッキリとした美人で、日本人離れした顔立ちに、カトリーヌという名前でハーフかな?と思っている方も多いはず。

実は、パン職人でもあり、パティシエでもあるフランス人の父親と日本人の母親の間に生まれた瀬戸カトリーヌさんは、生まれてから3歳まではフランスで過ごしますが、3歳で母親の実家がある香川県に移り住んできました。

そのあたりについて、詳しく調べてみました。

瀬戸カトリーヌさんの出身はフランス・パリでフランス人の父親と日本人の母親の間に生まれました。その後、父親の仕事の関係で3歳で来日し、兵庫県神戸市で暮らし始めました。

その為、日本語が母国語となっていて、関西なまりが出ています。神戸常盤女子高等学校に入学し、宝塚音楽学校とOSKの入団試験を受け1993年に日本歌劇学校に合格し入学しています。

現在も芸名として使っている“瀬戸”は母親の実家が四国だという事にちなみ、瀬戸内海から由来しています。

日本の戸籍を取得しており、瀬戸カトリーヌさんの本名は、実は奥浦 高乃(おくうら・たかの)というそうで、瀬戸カトリーヌは芸名だそうです(笑)

瀬戸カトリーヌさんがフランスと日本のハーフというのは、わかりましたが、瀬戸カトリーヌという名前がまさかの芸名だったのには、驚きました。

本名よりも、芸名のほうがシックリくる気がします(笑)

瀬戸カトリーヌの父親がパン屋

瀬戸カトリーヌさんのご両親について、お父さんがフランス人のパン職人であることは、先ほども書かせていただきましたが、どうやら日本人であるお母さんは、一般人ではなく芸能人のようなんです。

瀬戸カトリーヌさんの父親はなんとフランス人!そしてパティシエ・パン職人だそうです。(下はお父さんのパン屋のお写真)

神戸市須磨区でパン屋さんをやっていたそうですが、1995年に起きた阪神大震災でお店が全壊。

お店が全壊はかなりショックが大きかったことでしょう・・・

不幸中の幸いで、その日はお店が定休日。
父親も店にくるお客さんも怪我をする事はなかったそうです。その後神戸市中央区の元町商店街というところで引き続きパン屋さんをしてましたが現在はたたんで、料理・お菓子の専門学校で講師をしているそうです。

しかし、パン屋はたたんでしまったようですが、専門学校の講師ということでこれまでの仕事を生かしているんですね。やはり手に職は強いですね。

瀬戸カトリーヌの母親は新喜劇?

次に瀬戸カトリーヌさんの母親に関する情報ですね。

そして瀬戸カトリーヌさんの母親もビックリなんと吉本新喜劇の芸人安田密子さんという方のようです。調べたら画像があったので載せておきます。

瀬戸カトリーヌさんのお父さんがフランス人のパン職人というのは、何だかしっくり来るのですが、まさかお母さんが吉本新喜劇の役者さんだったとは、ものすごいギャップでびっくりしました(笑)でも、楽しそうなご家族ですよね。

いかがでしたか?

今回は、タレントの瀬戸カトリーヌさんについて、お届けしました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.